INTERVIEW
客室乗務職掌

person_37_img01.jpg

YUI KAWASOME
川染優衣

客室部 品質推進課
2010年度入社

お客様にしっかり寄り添うのが、
ANAウイングスの客室乗務員の最大の魅力

入社から6年間、客室乗務員として運航業務に携わりました。2017年4月から客室部品質推進課で、スタッフアドバイザーをしています。
入社前にANAウイングスに乗ったとき、機内でお客様と接する様子やクルー同士の雰囲気がアットホームで親しみやすく、自分もこんなふうに仕事がしたいと思ったのが入社のきっかけです。実際に社員として乗務した時は、お客様に寄り添い、お客様の声にしっかりと耳を傾けられるのがANAウイングスの客室乗務員の最大の魅力だと実感しました。
客室乗務員の仕事は多岐にわたるので、日頃からアンテナを張り、広い視野を持って自分から積極的にチャレンジしていくことが大切です。また航空業界はイレギュラーな事象に遭遇することもあり、とっさの判断を求められることもあるので、臨機応変に対応できる、柔軟性や協調性を身につける必要があることを乗務の中で学びました。

person_37_img02.jpg

チャレンジする気持ちで向き合うことで、自分の成長を実感しながら仕事ができる

今は、乗務する客室乗務員をサポートする立場で仕事をしています。品質推進課には安全、品質、教育訓練の3分野があり、私は安全を担当しています。
1便1便の安全運航を最優先に考え、お客様により満足していただけるサービスを提供するため、毎日、客室乗務員から報告されるレポートを確認し、運航中の様々な事象の分析を行います。その一つひとつの出来事に真摯に向き合い、未然防止策や再発防止策を立てるのが私たちの仕事で、運航基準などマニュアルの改定にも取り組んでいます。
客室乗務員の仕事といえばフライトのイメージは大きいと思いますが、ANAウイングスにはさまざまな活躍のステージがあるのが特徴です。比較的早い時期から責任のある仕事を任せてもらえる機会が多いので、チャレンジする気持ちで向き合えば、ステップアップのスピードも早く、成長を実感しながら業務ができると思います。

月に1回は乗務して現場を知る。お客様からは
元気をもらい、次の改善にも繋げる

改善策が適切かどうか、また現場の仕事内容に沿っているかなどを確かめるため、少なくとも月に1回程度乗務をしています。自分で確かめるだけでなく現場の声を聞くことも大切だと考えています。また、客室乗務員としてフライトする時はお客様から元気をいただきながら、次の改善に繋がるアイデアを見つけています。
この経験を活かし、お客様の笑顔を思い浮かべながら他の部署と連携することで新たな価値を創造することができた時は、改めてチームで飛行機を飛ばしているとが感じられ、私のやりがいに繋がっています。

person_37_img02.jpg

妥協せずに挑戦し続けるという責任感が生まれた

客室乗務員とスタッフアドバイザーという2つの立場で客室部門の仕事に携わってきたことで、客室部門における安全運航のエキスパートとしての知識を身につけることができました。納得できるまで分析し、徹底的に議論して対策を立てることを繰り返していますが、仕事をする中で、このように妥協せずに挑戦し続けるという責任感が醸成されたと思います。
また伝えることの大切さも痛感しています。改善をするなら、誰もが等しく理解し、実践できなければいけないからです。たとえば、客室乗務員の安全にかかわるマニュアルを改定する時は、常に一つひとつの言葉を大切にし、誰が読んでも誤解なく、確実に実施できる手順になっているかを細心の注意をはらって検証します。
客室乗務員からのレポートで、不安全事象がないという報告を読むと、良かったという思いと達成感があります。

person_37_img02.jpg

東京オリンピックに向けた活動をやり遂げることでステップアップしたい

今、日常の業務のほかに、ANAグループ内の「東京2020オリンピック・パラリンピック協議大会機運醸成委員会分科会」でANAウイングスの代表をしています。オリンピック開催に向けて、ANAウイングスらしさを社内外にわかってもらえるようなイベントなどを、みんなで楽しくやっていこうという取り組みです。各支店に仲間がいるのですが、私たちの就航地でのネットワークを活かし、地域活性とからめて、何かできることはないかと模索中です。若い世代からも多くのアイデアが出てくるので頼もしいですし、ワクワクします。
これをやり遂げることで、私にとっても参加してくれる人たちにとっても、ひとつのステップアップになれば良いなと思っています。

1日のスケジュール

  • 6:00

    起床

  • 9:00

    出社、メールチェック。当日のTODOリストの作成

  • 10:00

    打ち合わせ、前日に出した業務連絡内容の確認など

  • 12:00

    昼食、スタッフアドバイザーの4人でリフレッシュルームでランチタイム

  • 14:00

    客室乗務員からレポート内容の確認や乗務室に対する周知文書の作成

  • 16:00

    会議(ANAグループ全体の品質推進に関する会議など)

  • 18:00

    退社

未来地図

「いつもチャレンジ精神を忘れずにいたい」

常にお客様に近い「愛されるウイングス」であり続けるため、自分に何ができるかを考えながら挑戦していきたいと思います。
また、自分の置かれた状況をポジティブに捉え、熱い情熱を持っている人と切磋琢磨しつつ、楽しみながら仕事ができればと思います。一緒にウイングスの飛行機を飛ばしましょう!

PREV

NEXT

Return to top