INTERVIEW
客室乗務職掌

person_36_img01.jpg

KAYA ISHIKAWA
石川華野

客室部 関西客室乗務室(懐妊育児休職を活用中)
2013年度入社

もっと旅のお手伝いをしたいと、
グランドスタッフから客室乗務員へ

昔から旅行が好きだったので、なにか旅に関わる仕事をしたいと以前は羽田空港でグランドスタッフをしていました。様々な人が色々な目的を持って行き交う空港という空間も好きだったんです。お客様が何を求めておられるのだろうと考えながら丁寧なサービスを心がけて、お客様が喜ぶ笑顔を見せられるとやりがいを感じていました。でも、もっと旅するお客様に寄り添う仕事をと考えて、ANAウイングスの客室乗務員を志望しました。グランドスタッフをしていたので客室乗務員の仕事にも親しみを持っていたということも影響があったと思います。

person_36_img02.jpg

アサーティブコミュニケーションが浸透しているから仕事がやりやすい

ANAウイングスを選んだのは小型機によるフライトが中心だということも大きな理由ですね。客室乗務員というと自己主張する人が多いように思えるかもしれません。でも、私は少しおっとりしたところがあるんですね。そんな私でも少人数で運航する小型機のフライトなら自分の強みになる、注意深さや柔らかいタッチのコミュニケーションが活かせるのではと思いました。入社してからわかったことですがANAウイングスでは「アサーティブコミュニケーション」をスタッフの相互理解のメソッドとして活用しています。これは相手も尊重した上で自分の要望や意見を相手に伝える方法論のことです。こういったメソッドを学び自分らしさを活かして仕事に打ち込めるようになりました。

クオリティリーダーに選ばれたから、
サービス品質は常に気になる課題

私はクオリティリーダーを任されています。お客様へのサービス品質をいかに高めていくかを提案していくことがその役割です。客室乗務員としてのキャリアはまだ数年の未熟な私ですが、他人の模範となるのではなく、サービス品質を高めるための提案を色々していくことならできるのではと思っています。伊丹のクオリティリーダーは同期が3名と後輩が1名という若いスタッフばかりです。会社としても若いスタッフならではの「気づき」をサービス向上のために活用しようと期待してもらっているのだと思っています。クオリティリーダーの会議は年に4回ほど開いています。乗務の中で気づいたことを、話し合いの中で確認し、それが乗務にフィードバックされていくのはうれしいですね。

person_36_img02.jpg

お客様に寄り添った視点から繊細なサービスができるのも魅力

お客様がふと見せる表情の変化に気づき、適切なサービスに繋げていくことができるのも小型機のフライトならではです。乗りなれないプロペラ機にあまり良いイメージを持っていただけないこともあります。でも、ジェット機と違い飛行高度の低いプロペラ機は景色がキレイに見られることが魅力です。だから、日本各地の地形を把握して、窓から見える山や湖をご案内すると興味深そうに窓からの景色を楽しんでいただけることもしばしばあります。特におすすめなのが北陸や青森と伊丹を結ぶ路線です。季節ごとに表情を変える山並みに、川の流れや湖の煌めきが美しい。景色をご覧になっていたお客様がどこか楽しげな表情で降りていかれるとよかったなと思います。

person_36_img02.jpg

プライベートもしっかり楽しんで
この仕事を長く続けていきたい

客室乗務員は平日働いて土日休みという訳ではないので、生活リズムが作りにくいところがあります。だから、この仕事をやりたいという方は生活習慣を整えることを心がけていただきたいですね。食事はバランス良く、そして早めの就寝も大切です。シフト勤務だといっても休日に勤務が入ることはないので、気持ちを切り替えてリフレッシュすることも重要です。休日には同期や家族と旅行をして楽しんでいます。ANAウイングスでは家庭や育児と両立しながら働いている先輩が多いのも良いですね。働く女性をサポートする制度が整っているので、結婚や出産しても長く働き続けたいと思っています。

1日のスケジュール

  • 4:30

    起床 手早く身支度を済ませ、早番の日はタクシーで出社

  • 6:00

    出社、同乗クルーとブリーフィング後、乗務 大阪から松山へ

  • 9:00

    次便のブリーフィング後、乗務 松山から名古屋へ

  • 10:00

    次便のブリーフィング後、乗務 名古屋から鹿児島へ

  • 12:00

    次便のブリーフィング後、乗務 鹿児島から名古屋へ

  • 14:00

    デブリーフィング後、退社 名古屋ステイ

  • 17:00

    空港併設のホテルにチェックインして夕食を

  • 22:00

    就寝、翌日も早番なのでリラックスして早めの就寝を

未来地図

「心地いい旅のお手伝いをしたい」

旅行が好きだから、お客様の空の旅をリラックスできるひと時にしたい。小型機を中心に運航するANAウイングスらしい温かなおもてなしを心がけています。結婚してもママになっても、できるだけ長く続けていきたいと思える仕事に出合えて充実感を持って過ごす日々。客室乗務員になって本当によかったと思っています。

PREV

NEXT

Return to top