INTERVIEW
客室乗務職掌

person_35_img01.jpg

MEGUMI YONEYAMA
米山愛

客室部 関西客室乗務室 客室乗務グループ
2008年度入社

学生時代の経験を活かしたいと、
客室乗務員への転職を決意しました

大学を卒業してから初めて勤めたのが宝石や香水を扱う輸入商社でした。好きな英語も生かせていましたし、女性にとって興味のある商材を扱うやりがいのある仕事でした。しかし、専攻していた心理学の知識や打ち込んでいた多文化交流のボランティアで培った経験をもっと活かして働きたいと思い、転職することを決意しました。そこで学生時代からやってみたいと思っていた憧れの客室乗務員を志望して、ANAウイングスの前身であるエアーニッポンネットワークに応募しました。客室乗務員になったばかりの頃は、結婚してママになった今も働き続けているとは思ってもみませんでした。

person_35_img02.jpg

オープンな職場環境はコンパクトな組織ならでは

統合前もウイングスになってからも、自分の気づきや注意点を上下関係にかかわらず発言できる環境にあることが今も働き続けている理由かもしれません。私は客室乗務員として働き始めて10年目、若手スタッフの2年目教育トレーナーを務める中堅どころです。それでも若い方たちは、ブリーフィングでも改善点や意見を臆することなく積極的に発言するのが当たり前です。コンパクトな組織で社員それぞれの顔が見えること、そして小型機を中心に運航していることが、オープンな雰囲気を育む土壌になっていると思います。少人数で動かしていかなければならないので、一人ひとりの力を活用することが大切ですから。

育児をしながら
CAとして働ける環境が整っています

午後からの勤務でも私の1日は早朝から始まります。乗務の前に娘の食事を作ったり、夫に晩御飯の用意について説明したり、家事をこなしたりと大忙しです。そんな毎日でも私がこの仕事をずっと続けたいと思っているのは夫も理解してくれているし、社内的にも女性がずっと働き続けられる制度が充実しているからです。育休や復職に向けた手続きもわかりやすくなっていますし、スタッフに向けた社内育児ウェブサイトやパンフレットも充実しています。実際にママさんCAとして働いている人が多いのも心強いですね。

person_35_img02.jpg

少人数による小型機の運航だからお客様のニーズがしっかりわかる

私たちが運航する飛行機は小型機が中心です。だからこそ、お客様が口に出さなくても気づけることが多いと思います。ある時、少し浮かない顔のお客様がいらっしゃいました。気になって声をかけてみると「子どもたちへのお土産を買い忘れた」と残念そうな表情に。そこでキャンディをキレイにラッピングしてお土産にしてくださいと渡したことがありました。それから2年後のフライトで、そのお客様と再会。当時のことをよく覚えていらっしゃって、降りる時には「また、次も会えるのを楽しみにしています」と言っていただきました。この思い出は数多くのフライトの中でも忘れられない出来事です。こういった心が通い合う瞬間があると、この仕事について良かったという思いを噛み締めます。

person_35_img02.jpg

国際的なイベントをきっかけに、
私たちは大きく成長していきます

2020年には東京オリンピック、2025年には大阪万博が開催されます。大きなイベントを迎え、外国人観光客の国内便利用も大幅に増えてANAウイングスは大きなビジネスチャンスを迎えるでしょう。その中で何ができるのか、お客様に何が必要なのだろうと常に自分に問いかけながら仕事をしていきたいですね。韓国語の機内アナウンス講師やMCAP(Management CA Performance)評価者の資格を取ったのもその一環です。2年目教育トレーナーとして若いスタッフたちの模範になるよう気持ちを引き締めて乗務していこうと思っています。

1日のスケジュール

  • 6:00

    起床 午後から勤務の日も早朝から1日がスタート

  • 7:00

    朝食、忙しい中にも家族団らんのひと時

  • 8:00

    家事、夫と分担して家事は効率よく

  • 9:00

    保育園へ、娘と色々お喋りできる楽しい時間

  • 12:00

    伊丹出社、本日の乗務スケジュールをチェック

  • 13:00

    羽田へ 、羽田からの乗務のために乗客として搭乗

  • 14:00

    昼食、乗務まで時間があるときはカフェでゆっくり食事を

  • 16:00

    同乗クルーとブリーフィング後、乗務 羽田から秋田へ

  • 18:00

    次便のブリーフィング後、乗務 秋田から小松へ

  • 22:00

    デブリーフィング後、退社 小松ステイ
    翌日のフライトに備えて早めに入浴をすませて就寝

未来地図

「ずっと成長し続けていきたい」

客室乗務員という仕事は自分自身の成長が業務にもしっかり活かせる仕事です。プライベートで学んだこと、経験したことがお客様との会話や機内サービスにも役立つことが多いと思います。だから、家族とのプライベートなひと時をもしっかり楽しむことが充実した仕事に繋がっていきます。

PREV

NEXT

Return to top

click to play movie click to play movie