INTERVIEW
客室乗務職掌

person_32_img01.jpg

MAYU NAKANISHI
中西麻友

客室部 中部客室乗務室(懐妊育児休職を活用中)
2016年度入社

これまでのキャリアを生かし、
地元で長く働くことを決意

以前は別の航空会社に勤務していましたが、小型機の強みを活かし、いつでもお客様と寄り添える距離感とサービスの高さに惹かれてANAウイングスに入社しました。特に心のこもったアナウンスのレベルの高さには、同じ客室乗務員として感動したのを覚えています。また東海圏で生まれ育った私にとって、中部国際空港はとても身近な空港です。この先出産や育児を経ても地元で長く働きたいことや、地元の方に多く利用される路線でこれまでの経験を生かして客室乗務員としての新たなステージを築きたいと思い、入社しました。

person_32_img02.jpg

客室乗務員の仕事だからこそ生まれる、お客様との出会いがやりがいに

現在は客室乗務員としてお客様一人ひとりの安全確認を行う保安要員、またサービス要員としての仕事を行っています。チーフパーサーとして乗務する時は、機内品質を高められるようにクルーをマネジメントします。
飛行機にはそれぞれに異なる目的を持ったお客様が搭乗されますが、中には何度もお会いするお客様もいらっしゃいます。ある時、お客様がいつも使われる枕を差し出したところ「覚えていてくれてありがとう」と言われてとてもうれしく思いました。また後日お客様からお礼のお手紙を頂戴したこともあります。この仕事についていなければ出会えなかったであろう様々なお客様の旅に、今こうして寄り添えることに、大きなやりがいを感じています。

「ストップ&ルック」を心に、
常に冷静に判断し、対応する

客室乗務員の仕事をする上で大切なのは、想像力と気づきの力です。お客様をよく観察し、その方の立場に立って、求めていらっしゃることを察して行動に移すことで喜んでいただけるサービスを提供することができます。またチームワークも重要です。一緒に働くクルーがどうすれば働きやすいか配慮しながら行動することも大切です。仕事をする上で時間的なプレッシャーを感じることも多々ありますが、客室乗務員の合言葉である「ストップ&ルック」を心がけ、いつも冷静に判断、対応できるように務めています。その積み重ねで、どんな場面でも工夫してセルフコントロールできる術も身についたと感じています。

person_32_img02.jpg
person_32_img02.jpg

キャリアアップや、有休を利用した
リフレッシュも充実

ANAウイングスはお客様も社員同士も距離が近く、温かい雰囲気が魅力です。エアラインの職場は人数が多く、クルーも一期一会になりがちですが、ここでは顔を合わせるとお互いに名前を呼び合い、コミュニケーションを図っています。また新たな業務を担当する際やステップアップする際にはきめ細やかな教育が用意され、全員が安心して新しい一歩を踏み出せます。旅行好きの私は国内外問わず様々な場所を訪れ、リフレッシュしています。有休制度もうまく活用し、自分のペースに合わせた仕事ができるのがうれしいです。
これからも初心を忘れずに、大好きな客室乗務員の仕事ができる喜びをかみしめて、何年経っても学びながら公私ともに自分を磨き続けていきたいと思っています。

1日のスケジュール

  • 4:00

    起床

  • 7:00

    出社、同乗クルーとブリーフィング後、乗務 名古屋から熊本へ

  • 10:00

    次便のブリーフィング後、乗務 熊本から名古屋へ

  • 12:00

    次便のブリーフィング後、乗務 名古屋から新千歳へ

  • 14:00

    次便のブリーフィング後、乗務 新千歳から伊丹へ

  • 16:30

    デブリーフィング後、退社、伊丹ステイ

  • 18:00

    滞在先に住む友人と夕食

  • 22:00

    就寝

未来地図

「あなたがいなくては、と言われる存在になりたい」

3年後には、叶うのであれば仕事と育児をうまく両立させながら、客室乗務員として働いていきたいと思います。さらに10年後にはお客様はもちろん仲間からも信頼され、「あなたがいなくては」と思っていただける存在になっていたいと思います。そのために、常に自分の強みと弱みを明確にしながら、学ぶ姿勢を忘れずにがんばっていきたいと思っています。

PREV

NEXT

Return to top