INTERVIEW
総合職掌技術職

person_15_img01.jpg

YUICHIRO MATSUKIZONO
松木園裕一郎

運航部 品質推進課 主席
2007年度入社

飛行機のそばで仕事がしたいという念願が叶った

昔から飛行機が好きで、高校時代には空港でアルバイトをしたこともあります。もともと機械を触ることが好きだったので、漠然と整備の仕事を希望していましたが、就職活動を通じて航空業界への理解を深めて飛行機を飛ばす仕事の奥深さを知り、総合的に飛行機に携わりたいと思ったのが航空業界に目を向けたきっかけです。
特に飛行機の運航に特化しているANAウイングスで技術職に就きたいと思い入社しました。空港で、飛行機を見ながら仕事ができる、飛行機のそばで働けるのは、とてもうれしいことです。

person_15_img02.jpg

技術職として歩み始め、今はオペレーションで運航を支えている

私は技術職として入社しました。ANAウイングスで技術職として働くためには、一等航空整備士の資格が欠かせません。飛行機に携わるための基礎となる知識だからです。私自身、資格を取得したことで、現場の整備士として飛行機そのものを深く知ることができました。
一等航空整備士受験は大変でしたが、自分を一番成長させてくれたと思っています。整備の仕事には、一度自分が関わった仕事は最後までやり抜く強い責任感やどんな難題にも突き進んでいくチャレンジ精神が必要です。資格試験に向けて徹底的に追い込むことで、この精神を自分のものにすることができたのではないかと感じています。
そして、現在は整備士として培った知識や経験を活かしつつ、運航乗務員部門で飛行機のオペレーションに携わっています。技術職として入社しても活躍のエリアが整備だけに限定されないところがANAウイングスの会社としての面白さだと思います。

運航乗務員が安全に運航できるよう、
ハード、ソフト両面からサポートする

私が勤務するフライトオペレーションセンターは、飛行機に搭載されている飛行記録装置のデータをもとに、飛行中の様々な事象を客観的に分析する部署です。分析の結果によっては運航乗務員(機長や副操縦士)とともに対策を検討し、必要に応じて飛行機の改修や規程改定に繋げています。運航乗務員から要望のあった情報を提供したり、データ解析をしたりすることもあります。
機材や搭載されている機器そのものの改善はもちろんですが、乗務する乗務員たちがいかにストレスなくANA品質に適合した飛び方ができるかという点にも気を配ります。いうならば安全運航のためのハード、ソフト、両面からのサポートです。

person_15_img02.jpg

技術職としての知識と経験を活かしながら、安全性や生産性を高めていく

適切に飛行機の改修や飛行規程の改定を行うためには、飛行記録装置のデータを読み解くだけでなく、乗務員の気持ちも読み解く必要があると感じています。それは飛行機の運航には精神的な面での負担も大きいからです。そこで出張などの時には、できるだけジャンプシート(コックピットの中の補助座席)に乗せてもらうようにしています。コミュニケーションを取りやすくなるのはもちろんですが、操縦する中で気を配るべきポイントなどがわかると、運航乗務員にとって必要なデータを適切に提供することができるからです。
運航乗務員の気持ちを理解しながら、技術職としての知識と経験を活かしつつ、社内の色々な部門を巻き込んで飛行機の改修や規程の改定を行って安全性や生産性を高めることができた時、仕事のやりがいを感じています。今の部署は天職だと思っています。

person_15_img02.jpg

風通しがよく、
積極的に学びをサポートしてくれる

ANAウイングスは、相手の顔を見ながら仕事ができ、実際に自分がやった仕事の効果がわかりやすいところが長所だと思います。また社内の風通しがよく、運航会社として飛行機のオペレーションのすべてに関わることができます。
一等航空整備士受験のための制度・環境も整っており、入社前に専門知識がなくても努力すればしっかりと会社がサポートしてくれます。また、社会人としてのスキルを向上させるための通信教育、オープンセミナーなども充実しています。

1日のスケジュール

  • 6:00

    起床

  • 9:00

    出社

  • 10:00

    支店会議(前日のオペレーションの振り返りなどを行う)

  • 12:00

    昼食(休憩室で飛行機を見ながらリフレッシュタイム)

  • 14:00

    安全担当の乗務員と飛行データの分析

  • 15:00

    フライトオペレーション推進部と調整会議

  • 16:00

    飛行データの解析

  • 18:00

    退社

未来地図

「熱い想いの人と一緒に会社を盛り上げたい」

10年後には飛行機のオペレーションをもっと多角的な目線で理解し、ANAグループを牽引できるANAウイングスの一員になっていたいと思います。そして、あふれる情熱、強い責任感、チャレンジ精神、どんなことでも良いのですが、何かひとつ、これだけは誰にも負けないという熱い自分を持っている人と一緒に、ANAウイングスを盛り上げていきたいです。待っています!

PREV

NEXT

Return to top