INTERVIEW
総合職掌技術職

person_12_img01.jpg

KOJI YAMASHITA
山下晃司

ANA整備センター 技術部(出向)
2007年度入社

常に「最後の砦」という思いで、
機体の安全に取り組む

私の仕事は、機材で一度起こった不具合を二度と起こさないようにするために、何を変えれば良いのか、あるいは事前に発見できないかなどを検討し、その対策を考えることです。
たとえば、あるバルブが不具合を起こした時、使用時間や状況などからその理由を導き出し、他の機体と比較したり、他の航空会社の事例を調査するなどして対策を立てます。航空機メーカーや装備品メーカーと協力し、そのバルブの寿命を延長するための取り組みも行います。
機体整備の現場では多くの人が高い技術力を発揮していますが、それでも解決できない問題が私のところに上がってくるのです。ですから、私は、自分が答えを出さなければこの問題は解決しないという「最後の砦」としての思いを持って日々の仕事に取り組んでいます。
私の立てた対策が有効に働き、現場の整備士から「あの不具合が起こらなくなった」と言われた時はとてもうれしいです。

person_12_img02.jpg

言い方ひとつで安心感が違うから「大丈夫」と言い切ることが大切

運航の前には必ず機体のすべてを点検し、一等航空整備士の資格を取得した整備士が航空日誌にサインをして乗員に渡します。私もライン整備を担当していたときは、この役目を担っていました。
今の私は、このとき整備士が機体について乗員にきちんと説明できるよう、彼らとしっかり情報を共有しなければならない立場です。このときに重要なのが、「大丈夫」と言い切ること。「大丈夫だと思う」では、相手に不安が残ってしまうからです。もちろん、そのために徹底的にデータを集め、検証するのは言うまでもありません。
すべては、搭乗していただくお客様に高い品質の航空機を提供するため。これは運航に関わるすべての者たちが持つ思いです。

仕事が自分を成長させてくれた

私は実は内向的な性格だったのですが、入社以降の仕事を通じて、自分の考えを相手に伝えることができるようになったと思います。同時に人の話をしっかり聞くことも身についてきました。
特に今の仕事では、社内の意見をよく聞いて現状を把握し、それを解決する方法を考え、航空機メーカーなどに的確に伝え、交渉をしなければなりません。私の仕事は航空機の安全性に直接かかわるため、わからないことは曖昧なままにしないこと、自分の考えを簡潔に正確に伝える必要がある環境は自分を大きく成長させてくれたと思います。

person_12_img02.jpg

コミュニケーション力を磨くことグローバルな人間になること

今の仕事における相手先は海外の航空機メーカー、装備品メーカーが大半なので、英語力を磨かなくてはと思っています。
ANAグループが積極的に海外展開をしている中、海外から国内各地区へ乗り継ぐ際にANAウイングスをご利用いただくお客様の増加が見込まれます。国内線の担い手とはいえ、グローバル化も必至です。私は仕事をする中で国の状況や文化によって考え方は様々だと実感、グローバルな人間とは英語などの言葉が話せるだけでなく、相手のことを理解し尊重できる人だと思うようになりました。今後、様々な文化を持つ人たちと交流の機会を持ち、視野を広げていきたいと思っています。
また、社内外を問わず、自分の意見を伝えるだけでなく、相手の意見も聞いて物事を進めていく折衝力も必要だと考えています。

person_12_img02.jpg

ANAグループをさらに発展させる存在に

ANAウイングスは年々事業規模が拡大しています。ANAグループを牽引する存在となります。私はANAグループの中核事業である航空運送事業を担っている会社の人間として、グループ各社の人たちと連携を深めながら、グループをさらに発展させる中心的な存在になりたいと思います。

1日のスケジュール

  • 8:00

    出社(前日の運航状況を確認し、整備事由による遅れや欠航があればレビュー)

  • 9:00

    メールチェック(航空機メーカーからの文書は内容を吟味)

  • 11:00

    現場整備士からの技術的な問い合わせに対応

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    機体の信頼性向上のための技術指示を検討し、指示文書を作成する

  • 16:00

    航空機メーカーや部品メーカーと、週に1回程度ミーティングを行う

  • 17:00

    退社(必要に応じて1時間程度の残業が発生することもある)

未来地図

「自分の成長を感じることができる職場です」

この10年で社会が大きく変わったように、今後10年も大きく変化し、私たち自身もその都度変化が求められるでしょう。現状に満足せず、つねに向上心を持ち、未来を先読みして柔軟にすることが大切です。そんな職場だからこそ、自分の成長が感じられるはず。仕事も余暇も大切にする環境がANAウイングスにはあります。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう。

PREV

NEXT

Return to top