INTERVIEW
総合職掌技術職

person_11_img01.jpg

RYOTA HISAMATSU
久松亮太

ANAフライトオペレーションセンター 安全品質推進部(出向)
2014年度入社

「小型機価値」という考えに共感し、
ANAウイングスへ

私が航空会社の整備士として働きたいと思うようになったのは高校生の頃。ANAで働く人々を題材にしたドラマを見て「かっこいいなあ」と憧れたのがきっかけです。大学の航空宇宙学科で飛行機のことなどについて学び、ANAウイングスへ入社しました。決め手となったのは、お客様との距離の近さを活かし、心温まるサービスを提供する「小型機価値」という考え方に共感したからです。お客様を大切にするこの会社であれば、ひとりの人間としても成長できるのではないかと思いました。

person_11_img02.jpg

「両親を乗せても大丈夫」という気持ちで飛行機を整備

現在、私の主な業務は日々運航している飛行機の整備です。到着後や出発前の機体に、不具合などが生じていないか1時間ほどかけてじっくり点検し、異常があれば修復作業を行います。業務に携わる時にいつも心掛けているのは「本当に安全な飛行機をお客様に提供できているのか」と常に自分自身に問いかけること。少しでも気になることがあれば、そのままにしておかず点検をするように心がけています。多くのお客様の命を預かっているので、一つひとつの作業をおろそかにすることはできません。新人時代に先輩から「この飛行機に家族を乗せても大丈夫だと胸を張って言えるほど、しっかり点検するように」と言われたことがあります。今のところ私の点検・整備した機体に家族が搭乗したことはありませんが、お客様一人ひとりを思い、ANAウイングスの「3つの合言葉※」を体現できるよう心がけています。
※「徹底的にお客様」「地域を結ぶ小型機価値満載」「愛されるウイングス」

仕事と勉強の両立で、積み重ねの大切さを知る

飛行機の整備士になるためには国家資格を取得しなければなりません。私は現在、整備士としてさらにステップアップをするため「一等航空整備士」の資格取得に向けて勉強をしています。
今持っている「一等航空運航整備士」の取得時もそうでしたが、仕事と勉強を両立させることはとても大変。一夜漬けでどうこうなるレベルのものではないので、夜勤時の休憩時間など空いた時間を活用して毎日コツコツと勉強をしています。この経験を通じて実感したのは、積み重ねの大切さ。試験日から逆算して「この日までにこれを理解する」と計画的に物事を進めることができるようになったことは、成長した点であり、自分の強みになったと思っています。

person_11_img02.jpg
person_11_img02.jpg

様々な業務にチャレンジできることが魅力

成長と言えば、お客様向けのイベントに携わったことも、自分自身の成長に繋がる良い経験となりました。イベントの企画・運営などまったく未経験だったので、初めは「自分にうまくできるのだろうか」と不安ばかりで…。でも、周りのメンバーの協力のおかげで、無事に成功させることができました。この成功体験以降、「自分でもやればできるんだ」と、自分に自信が持てるようになりましたね。
総合職掌技術職は、整備業務だけしていれば良いというものではありません。紹介したイベント関連の業務をはじめ、様々なことにチャレンジできるのが魅力のひとつです。どんな業務でも前向きに取り組み、自分自身の人間としての幅を広げていきたいと思います。

1日のスケジュール(早番の場合)

  • 6:30

    出社

  • 7:00

    始発便の整備

  • 9:00

    ミーティング

  • 11:00

    昼休憩

  • 14:00

    夜勤のための準備作業

  • 16:00

    不具合修復のためのスタンバイ

  • 19:00

    退社

  • 23:00

    就寝

未来地図

「整備にとどまらず会社全体を動かせる人財に」

整備の現場でリーダーシップを発揮し、不具合修復を任せられるようになることが当面の目標ですが、ゆくゆくは整備だけにとどまらず、会社組織全体を動かせる人財になることが理想です。

PREV

NEXT

Return to top

click to play movie click to play movie