運航乗務職掌

お客様の満足度を最優先した高品質なオペレーション。

運航乗務職掌の役割

運航乗務員は、地域と地域、人と人を結ぶ架け橋になるべく、お客様一人ひとりの想いに寄り添い、目的地までお届けする役割を担っています。ANAグループの一員として、お客様満足を最優先した高品質なオペレーションを行っています。安全性は言うまでもなく、快適な時間をお過ごしいただくことや定刻運航に努めることも運航乗務員の大切な役割です。

ANA

仕事内容

運航乗務員の業務は3つに分けられます。
1つは、機長や副操縦士として行う航空機操縦業務です。フライト前後には行うべきことが定められており、フライト中は目的地まで安全運航を遂行することが何よりも重要な任務です。
経験を重ね、知識や能力を磨くことで、機長や副操縦士の資格認定に関わる教官業務を行うこともあります。また、国土交通省の代理人として査察業務に携わることもできます。

各業務の役割

  • ●航空機操縦業務

    フライト前には、機長、副操縦士、客室乗務員が揃ってブリーフィングを行い、天候情報、航空情報、旅客情報、機体整備状況などを確認。フライトは目的地までの安全飛行を遂行。フライト後は機材や飛行状況を報告。

  • ●教官業務

    機長、副操縦士の資格に係る職務遂行に必要な知識・能力を与える訓練を実施。

  • ●査察業務

    国土交通省の代理人として機長・副操縦士の資格に係る職務遂行に必要な知識や能力の審査。

キャリアパス

安心・安全な運航業務のためしっかりとした訓練プログラムで学んでいきます。乗務員任用後も定期的に訓練や豊富な経験を通して、運航品質の向上に貢献し、安全で快適な運航を堅持するプロフェッショナルとしてキャリアアップを図ります。

  • 入社1年目~2.5年目

    キャリア準備期

    社員としての基礎となる知識や技術を向上させるため、他職種研修を実施した後、副操縦士の任用試験に向けて訓練を実施。

  • 入社2.5年目~10年目

    キャリア形成期

    副操縦士として約6年乗務し一定条件を満たした後、機長昇格訓練への投入資格を取得。約6ヶ月の訓練を経て審査合格後、機長に。

  • 入社11年目~入社15年目以降

    キャリア発揮期

    機長として運航を指揮。新たな機種の操縦資格の取得や更新の育成。携わる業務領域が広がり管理職への道も展開。

INTERVIEW
先輩社員インタビュー

Return to top

click to play movie click to play movie