総合職掌事務職

幅広い視野で事業をマネジメントするゼネラリスト。

総合職掌事務職の役割

総合職掌事務職の仕事は、会社の経営方針や組織目標を定め、経営ビジョンの実現に向かって会社を導くことです。幅広い視野をもって仕事に臨み、お客様の安全なフライトのため、運航乗務員、客室乗務員、整備士というスペシャリストを活かしていきます。仕事の領域は多岐にわたるため、配属された部署における専門性を深めるとともに、人事ローテーションをもとに幅広い知識とスキルを身につけ、エアラインオペレーションのプロフェッショナル人財を目指します。

ANA

仕事内容

総合職掌事務職の仕事内容は、大きく分けて2つあります。
1つは、リソースマネジメント業務です。運航乗務員や客室乗務員が所属する基地で、日々のフライトが安全かつ計画通りに運航できるよう、さまざまなサポートを行います。乗務員の乗務スケジュール管理や、台風や降雪などイレギュラー発生時の対応、宿泊施設や移動手段の手配、また各種資格の管理なども行っています。
もう1つは、スタッフ業務です。事業や組織を円滑に運営するため、総務部、運航部、客室部、整備部、オペレーション部に分かれ、各部門における方針策定や企画立案、予算管理、運航に関わるさまざまなマニュアルの策定や採用、教育などを行っています。

ANA ANA

各部・支店の役割

  • 安全監査部
    安全推進部

    安全に関わる方針や社内規程に基づき、安全監査や安全推進施策の企画、立案等を行う。

  • 総務部
    (企画・人事・総務)

    経営計画の立案や事業企画、採用や教育などの人事関連業務、財務や経理、ファシリティマネジメントや広報を担当。

  • 運航部

    運航業務に関わる業務全般を担い、安全と運航品質の向上ならびに運航乗務員のマネジメント。

  • 客室部

    客室に関わる業務全般を担い、機内サービスや保安など、機内品質の向上、ならびに客室乗務員のマネジメント。

  • 整備部

    航空機整備に関わる業務全般を担い、整備品質の向上と整備体制の効率化、ならびに整備士のマネジメント。

  • オペレーション部

    航空関連事業各社との連携や、小型機における空港ハンドリングの企画・立案、ならびに運航管理者(ディスパッチャー)のマネジメント。

  • 各支店

    エリア統括としての安全総括業務、地区内の人事・労務に関わる業務、ANAグループ各社や地域の様々な企業との調整を実施。

キャリアパス

総合職掌事務職は配属された部署における専門性を深めるとともに、人事ローテーションをもとに幅広い視野を身につけ、ANAウイングスをけん引するコア人財としてエアラインオペレーションとエアラインビジネスのプロフェッショナル人財をめざします。

  • 入社1年目~5年目

    キャリア形成期

    社会人としての基盤形成を行い、各部とのチームワーク力と運航に関わる基礎知識やスキルを習得

  • 入社6年目~14年目

    キャリア発揮期

    培った知識やスキルをさらに深め、人事ローテーションにより視野を拡大。マネジメント力を向上し後輩の指導育成。

  • 入社14年目以降

    キャリア深化期/拡大期

    職務経験に基づく専門知識を発揮し、組織運営の中心的な役割を担い、幅広い視野でグループ全体の品質を向上。

INTERVIEW
先輩社員インタビュー

Return to top

click to play movie click to play movie