総合職掌技術職 - 毎日のフライトに、確かな安全と安心を。
総合職掌技術職 - 毎日のフライトに、確かな安全と安心を。

総合職掌技術職の役割

総合職掌技術職は、整備士として磨き上げた知識と技術者マインドをベースに、ANAグループの各専門分野で幅広く活躍し、オペレーション全般に精通した人財として将来の事業運営を担います。

仕事内容

総合職掌の仕事内容は大きく分けて3つあります。
1つ目は、現業整備士として運航整備を担い、日々の安全運航を堅持し高品質な機材を提供します。
2つ目は、技術スタッフとして現業整備士をサポートし、運航品質向上に寄与します。
3つ目は、オペレーションを支えるスタッフとして全ての部門と連携し、小型機価値向上を目指します。

キャリアパス

  • 【キャリア形成モデル】
  • ・形成期:整備実務、一等航空整備士資格取得、エンジニアリング基礎、オペレーション基礎
  • ・発揮期:故障探究、エンジニアリング、オペレーション課題の解決、運航乗務員との連携
  • ・深化期/拡大期:マネジメント層として部門運営・会社運営を牽引、更なる専門性の深化

【資格者養成イメージ】

多くの先輩が様々なフィールドで活躍しています


長井 北斗Hokuto Nagai

ANA整備センター機体事業室ライン整備部(出向)
DHC8-400型機の就航機管理、現業整備士の技術的サポート


片桐 博章Hiroaki Katagiri

ANA整備センター機体事業室ライン整備部(出向)
DHC8-400型機の就航機管理、現業整備士の技術的サポート


三田 剛Takeshi Mita

整備部整備推進課
部門実行計画の策定・実行、出向者サポート業務、研修事務局


幸田 直也Naoya Kohda

整備部整備監理課(福岡支店)
整備監理業務、オペレーション品質向上に向けた他部門への情報発信


坂井 絵美子Emiko Sakai

整備部整備監理課(中部支店)
整備監理業務、オペレーション品質向上に向けた他部門への情報発信

PAGE TOP