ボーイング737-500B737-500

B737-500型機の詳細

ANAウイングスのB737-500機は、エンジンの側面にイルカのロゴが描かれていることから「スーパードルフィン」の愛称を持ち長く親しまれています。初飛行から約20年近く経つ今でも世界のエアラインで使用されている現役機です。
外観の特徴は、エンジンの形が地面との間隔を確保するためにおむすび型になっていることです。
北は北海道、南は沖縄・石垣まで幅広い路線を運航しています。

PAGE TOP