会社沿革HISTORY

ANAウイングス株式会社
ANAウイングス株式会社
2015年
10月
ANAウイングス創立5周年
2015年
5月
Bombardier:Airline Reliability Award; Asia Pacific 8年連続受賞
2014年
7月
ANAグループの新規開設路線となる伊丹~青森線、札幌~青森線にDHC8-Q400型機で就航
2014年
3月
ボンバルディア DHC8-Q300型機退役
2012年
4月
ANAウイングスでのボーイング737-700/800型機の運航開始
2010年
10月
(株)エアーニッポンネットワーク、エアーネクスト(株)ならびにエアーセントラル(株)の3社が統合し、ANAウイングス株式会社誕生
株式会社エアーニッポン
ネットワーク
エアーネクスト株式会社 エアーセントラル株式会社
2009年 フォッカー50型機 完全撤退
2005年 整備体制の自社化 ボーイング737型機にて福岡~小松・石垣線の運航開始 商号を中日本エアラインサービスからエアーセントラル(株)に変更。
名古屋空港から中部国際空港に移転。全日本空輸(株)との運送の共同引き受け開始。
(ANA便名に統一)
2004年 全日本空輸(株)との運送の共同引き受け開始
(ANA便名に統一)本社・本部機能の一部を羽田に移転
エアーニッポン(株)の出資により会社設立
2003年 ボンバルディア DHC8-Q400型機にて伊丹~高知線の運航開始
2002年 ボンバルディア DHC8-Q300型機にて丘珠~函館・釧路・紋別、羽田~大島線の運航開始
2001年 エアーニッポン(株)により会社設立
1991年 フォッカー50型機にて名古屋~富山線、美保(米子)線の2地点間旅客輸送開始
1988年 名鉄グループと全日本空輸(株)との合同出資により会社設立
株式会社エアーニッポンネットワーク
2005年 整備体制の自社化
2004年 全日本空輸(株)との運送の共同引き受け開始
(ANA便名に統一)本社・本部機能の一部を羽田に移転
2003年 ボンバルディア DHC8-Q400型機にて伊丹~高知線の運航開始
2002年 ボンバルディア DHC8-Q300型機にて丘珠~函館・釧路・紋別、羽田~大島線の運航開始
2001年 エアーニッポン(株)により会社設立
エアーネクスト株式会社
2005年 ボーイング737型機にて福岡~小松・石垣線の運航開始
2004年 エアーニッポン(株)の出資により会社設立
エアーセントラル株式会社
2009年 フォッカー50型機 完全撤退
2005年 商号を中日本エアラインサービスからエアーセントラル(株)に変更。
名古屋空港から中部国際空港に移転。全日本空輸(株)との運送の共同引き受け開始。
(ANA便名に統一)
1991年 フォッカー50型機にて名古屋~富山線、美保(米子)線の2地点間旅客輸送開始
1988年 名鉄グループと全日本空輸(株)との合同出資により会社設立

PAGE TOP